アクセスカウンタ

山路 独/未来へのヒント(私が在た証)

プロフィール

ブログ名
山路 独/未来へのヒント(私が在た証)
ブログ紹介
 次代を担う子供たちの為に在るべき未来の姿を求めた、一人の人間の想いを書き記した作品集(翼をひろげて、心と身体を自由にしよう)。
  人が持つ能力を、生存の金を得るための労働にすり減らすことなく発揮できるようになる社会を実現するための手段としての、どのような政治・経済体制があるかを考えてます。労働が無いので社会・共産主義は成り立ちません。如何?
 「宇宙から 黒船来ねば 纏れぬ 煩わしきかな 厭わしきかな」-地に心を囚われた地球人たちへ。
 「人の命をインフラとして企業の利益を求める政治経済社会を脱して、人が生きがいを持って人生を送れるためのインフラとしての政治経済社会を創ろう!」―ということで、私の基本的スタンスは、国益・権益ではなく国民益を求めることです。
 この視点で物事を判断して言いたい放題しています。知識不足で多々間違いを起こしますが、ご指摘を受けてまだ成長できますので、よろしくお願いいたします。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
未科学の滸から9/超巨大地震がやってくるかも?
未科学の滸から9/超巨大地震がやってくるかも?  ニュートン2016.8月号を子供が買ってきてから約1年が経ちますが、ほぼ毎朝食ごとに各10分ほど眺め続けて、おもしろい事を考え付きました。  記事の内容は、南海トラフあたりで発生する巨大地震や関東地震についてのもの(別図参照)ですが、これらの図を各種適宜眺め比べていて、約2000年前のものを含めた南海トラフ地震の各図と関東地震の発生プロット図とカオス系のスケーリング理論とが混然一体となり、あくまでも素人らしく大胆に今後の南海トラフ地震の発生を予測してみました。  まずはニュートンの各図を羅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/30 01:55
たまにはIT?22/発注業務の自動化もしてみました
たまにはIT?22/発注業務の自動化もしてみました  過去の発注の確認などで、いちいち、保存したメール等を探して表示させる等の、手作業で煩わしい同僚の発注作業を見ていても、「まぁ、自分がやるわけではないんでいいでしょう」と黙っていたのですが、伝票の抱え込みによる購入費未払い事件が発生し、他部署の事務員が確認できる方法の提示を依頼され、合わせてこれを作ってみました。  まず、エクセルを開くと出てくるメインメニューです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/01 12:58
たまにはIT?21/今度は年末日報を電子化してみました
たまにはIT?21/今度は年末日報を電子化してみました  毎年12月21日から30日にかけて、Pm4時ごろに終礼が行われるが、毎日Pm3時までに報告用書式のワードで報告を打ち、メーラーを起こして添付・送信するという面倒な作業を行っていたのだが、十何か所からの報告をコピペで一つにまとめるのは更に大変なはず。  そんな面倒を解消するため、人の代わりに「コンピューターに仕事をさせる」年末日報システムを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/10 06:25
過ぎ越し方の走馬灯(共生主義のゆりかご)/5-労働運動から学んだ経済利益の活かし方
 今から20年以上昔、神奈川県にある運送会社の労組の役員を何年かやった事がある。 「わざわざ休みの日に会社まで来て仕事をしなければならないのか?」、配送物の前日積み込みの為に、休日出勤が当たり前の労働環境に疑問を持ち、労組執行部へ相談に行ったのが労働運動との出会いであり、それが役員までやる事になるきっかけであった。  経営側との団体交渉などの自社内での賃金・労働環境改善闘争ばかりでなく(毎月の給料を削って一時金の原資とするという、愚かな社員騙しの社長の考えを暴いてそれを潰した事があったな。こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/18 01:24
たまにはIT?20/先日載せた電子版「修理依頼システム」に新機能を追加
たまにはIT?20/先日載せた電子版「修理依頼システム」に新機能を追加  因みにこれは、ただのエクセルですので、VBAを使えば誰でも業務の効率化ができますよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/25 05:00
たまにはIT?19/2年ほど前に提案した電子版「修理依頼システム」がやっと稼働することになったようだ
たまにはIT?19/2年ほど前に提案した電子版「修理依頼システム」がやっと稼働することになったようだ *メインメニュー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/31 04:37
(元)プ壱一人旅・5/昨朝
(元)プ壱一人旅・5/昨朝 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/07 03:47
(元)プ壱一人旅・4/早朝の紅葉
(元)プ壱一人旅・4/早朝の紅葉 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/11 12:24
未科学の滸から8/「起床時の極大疲労で臨時休日」は、なぜ起きたのか?
 因みに前回への追加です。人間サイズの生存に係わる視覚情報は、脳の意識レベルへ届くものであるとして、では、種の保存などという生命現象レベルに係わる情報は何処へ届くのか?  例えば、実は、相手の眼などから相手の遺伝子情報を得ているのではないか? その情報は意識レベルより深い位置にある、より原始的と表現される部位へ届き、相手を判断する材料とされるのではないだろうか?  一目ぼれなどの不可解現象が、これで説明できることにはなるのだが、実証は甚だ難しいと言わざるを得ないのが現状ではあるな。  さて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/04 05:15
過ぎ越し方の走馬灯(共生主義のゆりかご)/4-ただ、働くだけで人生を終えた父U
 32年前、父が亡くなった。1年と1カ月に及ぶ、脳腫瘍との闘病生活の果て。  昭和4年3月に生まれ、第2次大戦末期には、米軍の空襲から戦闘機を守るために飛ばして逃げていたと言っていた。柔道・剣道及び空手で、一応有段者だったらしい。戦後、国鉄で機関士をやり、後に、日通で、新規契約を社長に図らずに決めたことで社長とけんかして辞め、酒食品の小さな小売店を住宅街の真ん中で始めた。  その家を自分で建て、大好きな車の運転をするために半日だけ母に店を任せ、子供たちの為に、働いて、働いて、働いて、もう一度... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/10 13:17
未科学の滸から7/見えているものは、リアルな映像なのか?それとも脳内CGなのか?
 昔々、そう、今から46年前、小卒年の春休みに、栃木県小山市にある、静態保存されたSLの機関区(SLの車庫)に、SLの写真を取りに行った。  その後、中学の級友に、その時の写真を見せたとき、「この人は誰?」と、一台のSLの運転席のアップに写っている人物を指差されて聞かれた。  そこには青い冬ものらしい厚地の制服を着た見知らぬ人の上半身が写っていたが、一つ上の従兄との二人旅で、そこには私たち以外誰もいず、そもそも、動かす事を止めたSLに機関士が乗っているわけがないし、当然写した時にはそのような... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/04 15:08
過ぎ越し方の走馬灯(共生主義のゆりかご)/3-ただ、働くだけで人生を終えた父
 父は、働くだけ働いて、脳腫瘍との1年1カ月に及ぶ闘病後に、亡くなった。妹は泣いた。母は、「死ぬ間際に目が光った」と言った。悲しくはなかった。私は、「さあ、家へ帰ろう。」と心で父に言った。  多くの人たちはこの様な一生を送るのだろう。ただ、働いて働いて、命を終える。人の存在した初めての時からそうであったろうし、今でも、多くの人たちは、その事を疑いもしないだろう。  それどころか、動物も植物も、自らと家族の生存の為に、自らの命を削り死んでいく。人類が生まれてから数百万年間、人間の労働以外に富を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/24 04:57
脱放恥国家190/国の為とは何か? それに従って戦う兵士は無条件に正しいのか?
 安倍氏が、靖国代替施設の設置について答えた内容に、論理の飛躍があり、その点について一応書いておく。まずは記事内容をどうぞ。「今度はこっち」慎重に…首相、追悼施設に難色  安倍首相は8日夜のBSフジ番組で、靖国神社に代わる国立追悼施設を建立する構想について、「立派なものを作って、『今度はこっちですよ』ということが果たして成り立つかどうか、慎重に検討していくべきだ」と述べ、具体化に消極的な考えを示した。  靖国神社の役割については、「(戦没者の)亡くなったおじいちゃん、おばあちゃん、ご主人、奥... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/09 01:19
過ぎ越し方の走馬灯(共生主義のゆりかご)/2-私たちは彼を座敷牢に切り捨てた
 中学生になったばかりだから、昭和43年の多分4月か5月だろう。中学校へ通う道すがら、母校となった小学校の脇を通り、通用門の前の三差路を右に折れると、あと数分で中学校の正門に着く。  向う角は自転車屋、小6にここで買ってもらったスポーツタイプの自転車は、その後20代半ばまで長く乗り続け、母とケンカして家を飛び出すまでは、確かに玄関横にまだ佇んでいた。  その日、その角を右に折れようとする直前、手前角の家の二階から、怒声が降りかかってきた。 「バカヤロウ!」 「お前らみんなバカヤロウだ!」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/05 04:58
ご意見ご提案214/前略 日経ビジネス編集長 殿
 残念ながら、それは実現しないでしょう。 何故か? 好例は国鉄分割。不採算部門や不良債権部門などを切り離して国(=国民)に押し付け、利益が出る部門だけを民間化して富裕層の株主利益を確保することが狙いですから。 「頑張れ、フクイチ」。福島第1原子力発電所の作業拠点「Jヴィレッジ」の廊下の壁などは、激励の寄せ書きや千羽鶴で埋め尽くされています。しかし、「頑張れ、東京電力」という言葉はあまり見当たらなかった、と今号の特集に取り組んだ記者から報告を受けました。  そこに国民感情が表れているのではないで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/12/03 00:47
過ぎ越し方の走馬灯(共生主義のゆりかご)/1-社会の水底・原風景の揺らぎ
 昭和30年代の、多分半ば頃だと思う。既に第二次大戦から10年以上が過ぎている。幼稚園の頃の記憶より前の事だと思うから、まだ私が4歳前後だと思う。  亡き父に連れられてどこかの商店街のようなところを歩いていた。道端に、白い着物を着て車輪付きの小さな板に座り、物乞いをする人を見た。何故かすぐに分かった。戦争で傷ついて働けず、仕方がなくてそうしているのだと。多分、それまでに、父から戦争時やその前後の思い出話を聞かされていたからだと思う。  駆け寄って小銭をあげようとした私を止めた父。私が手を引か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/25 03:05
未科学の滸から6/リアルとバーチャルの境目についての考察始め
 ふと、酒を飲みながら閃いた。物質的に存在するとする肉体と、その存在を認識する精神と、そもそもこれがリアルとバーチャルの根源ではないのか? などという事を今後よくよく考えてみようと思う。科学のフロンティアのはるか先を行く命題なので、御理解いただけるかどうかは解らないが、いきなり話した我が長男はそれなりに反応したのが心強い。  私たちが目の当たりにしていると認識している現実という物は、実は各個人の思い込みに過ぎないバーチャルな、各個人が組み立てた思い込み世界ではないのか?  そして、この二つの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/15 23:13
ご意見ご提案213/「機械化による人間労働の喪失」に対処できるのは共生主義のみ
 「労働者を社会の主人公にする」テーゼのもと、社会共産主義が創られたのではあるが、残念ながらその当時には考えられなかった発展を世界がしているため、それに追随できないのは共産主義も同じ。それは機械化とそのコンピューター化だ。  これを「人間労働の喪失による生活資金の枯渇。」と捉えるのではなく、「富の共同所有と共同管理」による労働からの解放と心身共に自由な人生の到来と喜ぶべきである。勿論その為には、現世界で自身達のみの利益を求めている富裕者というごく一部の特別者を排除しなければ実現しない。  人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/09 04:30
脱放恥国家189/みずほ銀株主利益の源泉は暴力団とは、さすが「なんでもあり個人責任資本主義」
 日本国民の「成人力」とやらが世界の中で突出しているとか。日本の「成人力」世界で突出 「読解力」「数的思考力」トップ OECD調査  社会生活で求められる成人の能力を測定した初めての「国際成人力調査」(PIAAC=ピアック)で、経済協力開発機構(OECD)加盟など先進24カ国・地域のうち、日本の国別平均点が「読解力」と「数的思考力」でトップだったことが8日、分かった。日本は各国に比べ、成績の下位者の割合が最も少なく、全体的に国民の社会適応能力が高かった。また、生産現場の労働者などいわゆるブルー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/09 03:10
脱放恥国家188/富裕層の我慾が人間を鬼畜にする
 「自らの存在意義を安全安心にただ表現したい。」人としての当たり前の願いを悪用し、富裕層は人の命を金に変えるカネゴン(金権)である。「困っている人を助けたい。」という善意を悪用し、「国民が困っている」と自らの悪行を隠し、我欲達成に戦争をし善意の人たちを悪鬼に変えて殺人に駆り立てる。その富裕層の我慾が破綻した証拠がこれだ。不時着英軍機救った佐渡の実話が映画化 「宮崎アニメ」抜く人気  終戦翌年に新潟県の佐渡島に英軍機が不時着し、住民が再飛行を手助けした実話が映画化され、先行上映中の同県では、宮崎... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/01 05:41

続きを見る

トップへ

月別リンク

山路 独/未来へのヒント(私が在た証)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる