Minesweeper で34%

TWは時々書くが、ブログはご無沙汰なので、記念自己記録を載せました。 勝率34%はなかなかだと思いますよ。  ちなみに、素数解析システムは現在も素数データ作成中です。あと何年かかることやら…。
コメント:0

続きを読むread more

たまにはIT?25/改訂版の「Vから始めるVBA」ができました。

 これを見て、全くの初心者だった同僚が、たちまち自分のファイルの各種を自動化しました。いきなり、コードがどうの等と振りかぶらないのがVBA への敷居を低くしていると思います。  あなたも、ただのオペレーターから、クリエイターへスキルアップしませんか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山頂部の雪だけが無くなっているように見えるのだが?

 先週の水曜日に気付いて翌水曜日に撮影した写真ですが、山頂部だけ雪が無くなっているように見えます。同僚にも確認済みで、「山頂部の地熱が上がっているのかも?」と言ってました。  ちなみに、昨日曜日も同様でした。皆さんにはどう見えますか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未科学の滸から9/超巨大地震がやってくるかも?

 ニュートン2016.8月号を子供が買ってきてから約1年が経ちますが、ほぼ毎朝食ごとに各10分ほど眺め続けて、おもしろい事を考え付きました。  記事の内容は、南海トラフあたりで発生する巨大地震や関東地震についてのもの(別図参照)ですが、これらの図を各種適宜眺め比べていて、約2000年前のものを含めた南海トラフ地震の各図と関東地震の発生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまにはIT?22/発注業務の自動化もしてみました

 過去の発注の確認などで、いちいち、保存したメール等を探して表示させる等の、手作業で煩わしい同僚の発注作業を見ていても、「まぁ、自分がやるわけではないんでいいでしょう」と黙っていたのですが、伝票の抱え込みによる購入費未払い事件が発生し、他部署の事務員が確認できる方法の提示を依頼され、合わせてこれを作ってみました。  まず、エクセルを開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまにはIT?21/今度は年末日報を電子化してみました

 毎年12月21日から30日にかけて、Pm4時ごろに終礼が行われるが、毎日Pm3時までに報告用書式のワードで報告を打ち、メーラーを起こして添付・送信するという面倒な作業を行っていたのだが、十何か所からの報告をコピペで一つにまとめるのは更に大変なはず。  そんな面倒を解消するため、人の代わりに「コンピューターに仕事をさせる」年末日報シス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過ぎ越し方の走馬灯(共生主義のゆりかご)/5-労働運動から学んだ経済利益の活かし方

 今から20年以上昔、神奈川県にある運送会社の労組の役員を何年かやった事がある。 「わざわざ休みの日に会社まで来て仕事をしなければならないのか?」、配送物の前日積み込みの為に、休日出勤が当たり前の労働環境に疑問を持ち、労組執行部へ相談に行ったのが労働運動との出会いであり、それが役員までやる事になるきっかけであった。  経営側との団体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未科学の滸から8/「起床時の極大疲労で臨時休日」は、なぜ起きたのか?

 因みに前回への追加です。人間サイズの生存に係わる視覚情報は、脳の意識レベルへ届くものであるとして、では、種の保存などという生命現象レベルに係わる情報は何処へ届くのか?  例えば、実は、相手の眼などから相手の遺伝子情報を得ているのではないか? その情報は意識レベルより深い位置にある、より原始的と表現される部位へ届き、相手を判断する材料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過ぎ越し方の走馬灯(共生主義のゆりかご)/4-ただ、働くだけで人生を終えた父Ⅱ

 32年前、父が亡くなった。1年と1カ月に及ぶ、脳腫瘍との闘病生活の果て。  昭和4年3月に生まれ、第2次大戦末期には、米軍の空襲から戦闘機を守るために飛ばして逃げていたと言っていた。柔道・剣道及び空手で、一応有段者だったらしい。戦後、国鉄で機関士をやり、後に、日通で、新規契約を社長に図らずに決めたことで社長とけんかして辞め、酒食品の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未科学の滸から7/見えているものは、リアルな映像なのか?それとも脳内CGなのか?

 昔々、そう、今から46年前、小卒年の春休みに、栃木県小山市にある、静態保存されたSLの機関区(SLの車庫)に、SLの写真を取りに行った。  その後、中学の級友に、その時の写真を見せたとき、「この人は誰?」と、一台のSLの運転席のアップに写っている人物を指差されて聞かれた。  そこには青い冬ものらしい厚地の制服を着た見知らぬ人の上半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過ぎ越し方の走馬灯(共生主義のゆりかご)/3-ただ、働くだけで人生を終えた父

 父は、働くだけ働いて、脳腫瘍との1年1カ月に及ぶ闘病後に、亡くなった。妹は泣いた。母は、「死ぬ間際に目が光った」と言った。悲しくはなかった。私は、「さあ、家へ帰ろう。」と心で父に言った。  多くの人たちはこの様な一生を送るのだろう。ただ、働いて働いて、命を終える。人の存在した初めての時からそうであったろうし、今でも、多くの人たちは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱放恥国家190/国の為とは何か? それに従って戦う兵士は無条件に正しいのか?

 安倍氏が、靖国代替施設の設置について答えた内容に、論理の飛躍があり、その点について一応書いておく。まずは記事内容をどうぞ。「今度はこっち」慎重に…首相、追悼施設に難色  安倍首相は8日夜のBSフジ番組で、靖国神社に代わる国立追悼施設を建立する構想について、「立派なものを作って、『今度はこっちですよ』ということが果たして成り立つかどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more